読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに外食三昧

気ままな外食の日々、朝昼夕ほぼ全て外食。さて今日は何を食べようかな。美味しいものは大好きですが太らないように頑張っております

鬼朝

新江古田駅 都営大江戸線 中野区 東京都 寿司、鮨

お題「忘れられない飲食店」

中野区にあるお鮨屋さんです。

最寄り駅は都営大江戸線新江古田駅です。

 

この店に行き始めたのは本当に偶然でして、それは今でも昨日のことのように覚えております。その日は仕事が終わって家に帰着したが早く、さて何を食べに行こうかなと考えておりますと、ふと
お鮨が食べたいなぁ
という気持ちが心の奥底より湧き上がってきました。
当時は回転寿司とそれに似たようなチェーン店の鮨屋しか行った記憶しかなく、非回転系の中でも個人経営のお鮨屋さんに行く機会がなかったのでさて行ってみるかということでネットで検索しておりますと、練馬の「江戸銀」と江古田の「鬼朝」が偶然に見つかりました。さてどちらにしようかと思ったら直感で「鬼朝」だということで早速予約の電話をかけました。
「はい、鬼朝です」と何か不愛想な声がしましたので
「今日、予約をしたいのですが大丈夫でしょうか?」と尋ねますと席は空いているとのことでしたので、初めてのお店で道に迷うといけませんので少し余裕を見て予約時間を決めて取りました。
大江戸線新江古田の駅に着き、A2出口を出て地上に出て目白通りを渡りドラッグストア「ぱぱす」の東側の江古田通りをまっすぐ歩くと5分ほどで着きます。 「呑・喰い処 きちょう」という看板が出ているので分かり易いと思います。
 

f:id:morigen1:20170307210359j:plain

お店の看板です
 
 
私はこの看板を見て、
私が予約したのは鮨屋ではなく居酒屋だったのか?もしかして鮨屋から居酒屋にお店が変わってしまったのでは
と少し焦りました。まあ、最初は看板を見てある意味で驚きましたが、お店に着き、入りました。
カウンター8席のこじんまりとしたお店で60歳くらいの店主であるオヤジさんが一人で店をやっておられます。
最初に大間のトロが出てきたように記憶しておりますが(記憶違いだったらスマヌ・・・・)、非常に美味しかったです。マグロ(トロ)は大間に限るという店主のこだわりが感じられました。次に行ったときはボストンマグロで、え?大間って言ってなかった?って突っ込みたくなりましたが美味しかったです。非常にトロにこだわりを持っておられます。
ガリとダイコンの干したもの(名前忘れた)が付け合わせで出てくるのですが、このダイコンの方が非常に美味しいですよ。また、飲み物は何にしますかと聞かれた時に私は酒を飲まないのでお茶といいましたら自家製の緑茶が出てきました。ウーロン茶などでお金を取りたくないということでしたが流石ですね。
個人的にはサバ、タコ、アナゴ、鉄火巻き、鮨以外ではノドグロの塩焼きが好きですがどれもほとんどハズレがないです。お店自慢の持ち帰り用の太巻きもいけますよ。
最初に行ったときは、箸で鮨を食べようとして物言いが付き(手で食べるのがこの店での流儀らしいですが、女性は箸で食べてもいいような感じですが(笑))、それこそ本当に恐ろしい店に来てしまったと思いましたが、店主の方は慣れれば非常に気さくな方です。
店主さんは非常に拘りを持っておられて、私に好きなお鮨はと聞いてきたので「ハマチ」と言いますと、
「ハマチはほとんどが養殖物でうち(鬼朝)ではほとんど天然物しか扱っていないのですよ。ちゃんとしたお鮨を食べてください」と言われて、最近、わざわざブリを仕入れて握ってくれました。
米やお酢にも拘りを持っておられます。
個人的には味は絶品であると思いますし、値段も味から考えるとリーゾナブルと考えます。
 
 
趣味はウォーキングのようで都内を隈なく歩かれたようです。
以前よりこの地に住まれていたので地元の方なら地元の話題で盛り上がるのではないでしょうか、以前に一緒に行った方も小さな頃から中野区で育った方で地元の話題で盛り上がっておりました。
 
後は歴史、日本の戦国時代が好きなので歴史好きな方は話が合うと思います。私も何度目かにお店に行ったときに歴史の話になり、「こんなに歴史に詳しいと思わなかった」と私は言われましたよ。「関ヶ原の戦い」や「本能寺の変」についての話題でも盛り上がりました。店主の好きな戦国武将も2人聞きましたが、興味のある方はお店で直接聞いてみてください。
 
家から近い(と言っても隣の中野区になりますが)ので週に1~2度食べに行っております。
炭水化物ダイエット中ですので鮨屋はその大敵なのですがどうしても時々お鮨が食べたくなり「鬼朝」に電話をかけてしまいます。以前にも書いたようにカウンター8席のこじんまりとしたお店ですので行く際には電話をかけてから行かれた方がよいかと思います。私も行く前は必ず電話をして行くようにしております。
店の外の看板にあるように、きちょう(貴重)なお店だと思います。
定休日が日曜日になったことも最近行く機会がなく足が遠のいております、機会を見て行ってみたいと思います。
 
 

f:id:morigen1:20170307210911j:plain

鬼朝の店名の由来はお店で聞いてみてください。

 
 

鬼朝 

東京都中野区江原町2-19-5
03‐3954‐3169
定休日:日曜日 以前は月曜日でしたが今は日曜日に変わったようです。
 

  

ブログランキングに参加しております。皆様のクリックがブログ継続の励みになります。

宜しければ1日1回クリックに御協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村


関東食べ歩き ブログランキングへ

 

 

 

 

 

ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

食事代として使えるポイント貰える!?

空席情報がわかる!24時間お席を確保!ネット予約ならYahoo!予約 飲食店