気ままに外食三昧

気ままな外食の日々、朝昼夕ほぼ全て外食。さて今日は何を食べようかな。美味しいものは大好きですが太らないように頑張っております

和食宿 菜々せ

 

 

軽井沢にある宿「和食宿 菜々せ」です

最寄駅はしなの鉄道中軽井沢駅になります。

 

せんげん台にあるアスリートな治療院の先生のところで定期的に鍼灸治療を受けていますが、その先生が非常においしいお店をよく知っています。

la  planche ラ・プランシュ や 登喜寿司 などの美味しいお店を教えていただき非常に助かっております。 

そのアスリートな治療院の先生が、元々は高田馬場で「菜々せ」という和食のお店をやっていたのが、軽井沢に同じ「菜々せ」という名前で料理メインの宿を開いたということでそこがお薦めとのことでしたので、宿の予約の手配などはアスリートな治療院の先生にお願いしました。非常に食材には拘って他では手に入らない珍しい食材を築地から仕入れているということでした。1日2組しか客を取らないとも言ってました。階段を昇らなくていいように気を遣って1階の部屋を取ってくださいました。

好きな食材と嫌いな食材があれば伝えておきますということで、ふるはうす の金目鯛の煮付けを思い出し「金目鯛と のどぐろが好きで白子の類は苦手」と話しました。

 

 

当日、軽井沢には昼前に着き、「門前洋食 藤屋」で食事をして「ミカドコーヒー」や「タリーズコーヒー(だったかな?)」でお茶をしてアウトレットを散策しているとチェックインの時間に近くなりました。

 

 

morigen1.hatenablog.com

 

 

morigen1.hatenablog.com

 

軽井沢駅南口のタクシー乗り場に行き、あらかじめアスリートな治療院の先生からいただいていた「和食宿 菜々せ」のパンフレットをタクシーの運転手さんに見せて行き先を告げると

「知らんなぁ~」

「ルヴァン美術館入ったところみたいやなぁ」

と言い車を発進させました。

「和食宿 菜々せ」はルヴァン美術館のところから入ってかなり奥にあります。

タクシーの運転手さんも

「ここは初めて来ました、こんな所に宿があったんですね。勉強になりました。」と言っておられました。

 

 

軽井沢和食宿菜々せの外観

「和食宿 菜々せ」の外観

 

まだ少し雪が残っております

 

 

軽井沢和食宿菜々せの看板

「和食宿 菜々せ」の看板です

 

「和食宿 菜々せ」に着くと、宿を営まれている夫婦が出てきて挨拶をされて部屋に案内されました。私くらいの年齢の夫婦でしょうか。

部屋は1階でバリアフリーとなっております。部屋の説明がおかみさんよりあり、食事の時間が先に1組6時から予約が入っているので6時は無理で6時半、7時、7時半のどれにするかを聞かれたので6時半を選択しました。食事に時間になりましたら部屋に電話をいただけるとのことでした。

この日宿泊するのは我々だけで、もう1組の食事の客は食事だけとのことでした。

 

軽井沢和食宿菜々せの食事処

「和食宿 菜々せ」の食事処

 

4人掛けテーブルが3卓あり、仕切りは写真上部の簾を下ろします

 

 

18時半少し過ぎに食事の時間になりましたと電話をいただき、食事処の扉を開けると大きな声は部屋中響いておりました。

一番奥の席には3人組の女性が座っており、その中の1人の年配の女性の話し声が大きくてまたかん高い声なので響くのですよ、それはもう今までの人生の中で食事をする際にこんな大声今まで聞いたことないくらいのものでした。後の2人は普通の声でしたがとにかく1人の年配の女性の声がかん高くて大きい。

我々は真ん中の席に案内され、座りました。

私が一緒に行った方と会話をしても声が聞こえず、またお店の方が料理の説明をしてもほとんど聞き取れない中、食事は始まりました。

というわけで料理の説明がほとんど聞こえない、聞こえにくい中でしたので料理の説明が間違っていたらすいません。

 

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食

「和食宿 菜々せ」の夕食 ホタルイカとウドとほうれん草の酢味噌和え

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食の刺身

「和食宿 菜々せ」の夕食 刺身(2人分)

金目鯛、しめさば、マグロ(トロ、赤身)など

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食焼きタケノコと里芋と豆

「和食宿 菜々せ」の夕食 焼きタケノコと里芋といんげん豆

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食金目鯛干物焼き

「和食宿 菜々せ」の夕食 金目鯛の干物?を焼いたもの(2人分)

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食穴子の茶わん蒸し

 「和食宿 菜々せ」の夕食 穴子の茶わん蒸し

 

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食のどぐろのしゃぶしゃぶ

「和食宿 菜々せ」の夕食 のどぐろのしゃぶしゃぶ(2人前)

 

以下はのどぐろしゃぶしゃぶの詳細です

  

軽井沢和食宿菜々せの夕食のどぐろのしゃぶしゃぶ

 

軽井沢和食宿菜々せの夕食のどぐろのしゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶの「のどぐろ」

 

軽井沢和食宿 菜々せの夕食、のどぐろのしゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶの野菜

 

軽井沢和食宿 菜々せの夕食、のどぐろのしゃぶしゃぶの出し汁を使った雑炊

のどぐろしゃぶしゃぶの鍋の出汁を使っての雑炊

 

ようやくうるさい3人組が帰って、ホッとしました。

やっと一緒に来た方と少し話が出来ました。

味に関してはとにかく女性客の大きな話し声で食事どころではなかったと言ったところでしょうか。一緒に行った方は金目鯛の干物を焼いたものに付いているきんぴら牛蒡の味付けが美味しかったと言ってました。

昔、「加賀屋 雪月花 浜離宮」(食事の質が落ちたので今は行ってないです)や、最近は「まつさき(辰口温泉)」「べにや無何有(山代温泉)」で自分は贅沢なものを食べているんだなぁと言ってました。

 

f:id:morigen1:20170402120054j:plain

「和食宿 菜々せ」の朝食

 

ごはんと味噌汁は撮影し忘れましたが付いています。

玉子は思ったほど甘くなくてよかったと一緒に行った方は言ってました。

後日「木曽路」に食事に行った時に「こっち(木曽路)の方が美味しい」とも言ってましたね。

 

(参考記事) 


 

私の感想は、非常に食材には拘って他では手に入らない珍しい食材を築地から仕入れているということを聞いて非常に期待が大きかったのでしょう。家の近所や職場の近く、あるいは都内でしたら食べに行くのはいいのかもしれませんが、わざわざ軽井沢まで足を運んで食べに行く価値はあるのだろうかというのが率直な感想です。宿に温泉があったり、近くに観光スポットなど結構あったり駅から近くてアクセスが便利などのポイントがあればまだいいのですが・・・

帰りは店主さんに軽井沢駅まで送っていただきました、ありがとうございました。

 

 

私が書いていた非常に煩い甲高い声の年配の女性客にお会い出来るかもしれませんよ。どんなにかん高くて大きな話し声だったか実際に体験できるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

(参考記事)

morigen1.hatenablog.com

 

 

ブログランキングに参加しております。皆様のクリックがブログ継続の励みになります。1日1回クリックに御協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村


関東食べ歩き ブログランキングへ